共用サーバーと専用サーバーの中間がVPSと言われている

VPSサーバーは共用と専用サーバーの中間と言われているサーバーの一つです。しかし、VPSは一般的に難しいという認識をされている人が多いみたいです。しかし、VPSを使うメリットはいくつも存在しております。

WEBで集客するためには膨大なアクセス数を求められることが多いですよね。月間PV数2000ぐらいのサイトであれば全く問題ありませんが、月間PV数が20万ぐらいいくサイトならそれなりに転送量や容量が必要となります。共用サーバーは転送量無制限と謳っている会社も少ないはありませんが、実際には転送量無制限と言う企業は少なく感じます。

単純に言えば、転送量に制限を設けているということになります。しかし、VPSは無制限で利用できるのでどんなにアクセスが多くてもサーバーダウンの心配をすることはないということになります。個人サイトならサーバーダウンしてもそんなに大きな問題には繋がらないでしょうが、法人サイトだと問題にも繋がっていくのが事実でしょう。

そのようなことを防ぐためにもVPSサーバーは評判が高いとされている原因の一つです。特にサーバーマンズやさくらVPSは比較的にコストも格安で運営できるので問題なくレンタルすることが可能です。

レンタルサーバーって最初の選び方が非常に大切です。当サイトでは、1000円以下で運営できる格安サーバーばかり紹介しておりますので参考までにみてください。実際に運営者の私が使ったサーバーばかりなのでどれも安心して使うことができますよ。

サブコンテンツ

ページトップ