VPSは共用と比較しても早い理由は何故だろうか?

VPSは共用と比較してもスピードの早いという体感が圧倒的に違えるのは何故でしょうか。

共用といえば、漢字の通り、1人で利用しているわけではありません。

1人で利用しているのではなく、シェアハウスしているイメージです。つまり、何人かでサーバーを兼用していることになります。

ここからVPSについて解説しておきましょう。

仮想化していることがVPSの特徴

VPS仮想サーバーなんて言葉はよく耳にされるかたもおられるでしょう。仮想と言うことば、一体なんでしょうかね~っと尋ねられると以外とわからないものです。ようは、クラウド上でサーバーを管理してるわけです。雲の上だと、消えることがないから早いということになります。

共用はPCで管理しています。PCにも制限があるので、決められた範囲でしか管理ができません。そのため、時々閲覧が重たくなったり、急なアクセスに耐えれないという現象が起こってしまうのです。

こVPSと共用を比較したときに一目瞭然でVPSを使いたいということになります。

早いサーバーっていうのは何故ですか?

VPSが速いとされているのは、まさに専用サーバー並みのスペックが用意されているからです。

VPSと専用サーバーでは、比較したときに違いはありますが、VPSも負けずに速いスペックが用意されております。

さくらVPSなんかは初心者から初められる人も多いので、利用している人が大半ですね。

FXや勉強系サイトにプログラマーなんかが利用されていることは確かです。

そこで、体感した速さは驚くべき違いが体感できると思います。

さくらVPSからサーバーマンズ、またはGMOの三社が人気を占めていることも間違いありません。

VPS比較をするならば、この3社ぐらいに絞ったほうが良いと思われます。

まだ、VPSが用意されていないサーバー会社が多いので。VPSは企業でも多くの会社が乗りかえられていますね。本当にそれほどに良いのがVPSなんですよ。私も必ずVPSを利用してサーバー構築していこうと思います。

サブコンテンツ

ページトップ