VPSサーバーが選ばれる理由は転送量に制限がない

wordpress

近年ではVPSサーバーを法人、個人問わず利用されている方が多くなってきております。なぜ?ここまでVPSサーバーの人気が大きくなったかというにはサーバーの転送量がないということになります。

この転送量というのはどういうことなのか?について解説したいと思います。

アクセスに負荷がかからない

一般的に利用されているさくらインターネットの共用サーバーの場合だと、1日あたりに利用できる転送量というものに制限があります。転送量とは、閲覧されて表示される量のことです。

閲覧数が多ければ多いほどサイト全体に負荷が掛かります。その負荷に対する数字だと認識すればわかりやすいでしょう。アクセスが一日3000PVある場合だと転送量も必要となります。

どれぐらいの転送量が必要になるのかという具体的な数字を出すことは難しいですが、それなりに必要になることは間違いありません。なので、転送量はあって損はないということがまず一つの特徴です。

膨大なサイトを作る時には欠かせない

VPSが選ばれる理由は、wordpressでブログやサービスを利用する際に膨大なアクセスを呼ぶサイトを作る目的とした場合は、共用サーバーに比べて軽快に動いてくれるので、閲覧するユーザにも負担をかけることなく利用することが可能です。

1日1万PVであれば、月間30万PVです。月間30万PVクラスだと格安レンタルサーバーでは通用できません。構築することは可能ですが、404エラーを起こす原因にもなりやすいです。この500エラーとは一体何なのか?ということですが、ここでは具体的な解説はしませんが、こちらのサイトに具体的に書かれておりましたので、閲覧すると良いでしょう。

見る人にストレスを与えたくないということであれば、できるだけVPSを利用する方が今の時代は良いといえます。利用するのに難しいというイメージを持っている人は多いですが、さくらVPSは簡単に構築セットアップができてしまうので難しいことはありません。

それ以外のVPSサーバーと比較すると多少知識や勉強が必要となります。サーバーの選び方は非常に大切です。後になってからプランを変更、移行するのは非常に手間が掛かります。回避するためには先に良い会社を利用することが大切です。

特にアクセスアップを狙うブログやサイトであれば必要となることがありますので覚えておくとよいです。私もWEBサービスを利用して作っていますが、全てVPSを活用しております。スピード、性能を圧倒的に有利にさせたいなら検討するべきVPSです。

サブコンテンツ

ページトップ