VPSサーバーはWEBサービス運営する3つのメリットをご紹介

2015年移行、自社開発などを通じてWEBサービスを運営する企業が増加傾向になりつつあります。WEB制作会社なども、受託などから離れつつあり、出来るだけOEMとして運用していくことが流行的であります。

なぜWEBサービスを利用する人はVPSサーバーを選びたいと思うのでしょうか?メリットについて4点ほどご紹介したいと思います。

アクセス負荷が非常に強い

VPSサーバーで運用するメリットは、共用サーバーではないため、大量のアクセスを集めるサイトを運営してもびくともしないというのが利点として挙げれることもあります。

プレスリリースで様々なメディアに公開した後は、瞬間的に大きなアクセスが起きる可能性があったり、twitterなどでバズるということも考えられます。そのような部分にも十分耐えらえるということから、VPSが選ばれる理由の一つです。

コストパフォーマンスが大変良い

VPSサーバーは、月額料金なども非常に高いと思われがちですが、案外その辺りの共用サーバーと大きな料金に違いはないです。

例えば、こちらのサイトでご紹介されているエックスサーバーなどは、ハイスペック共用サーバーにあたりますが、月額でいうと1000円近い料金が発生します。VPSサーバーの料金は、なんと1000円を切る金額の方が以外にも多いということなんです。割と知らない方たちは、「そんなに安かったの?」と驚かれる方もいるでしょう。

サーバーマンズに限っては月額500円~スタートできる格安VPSとしても人気です。安くても、やはりVPSサーバーである以上は、拡張性も広く、様々な用途で使えることは間違いないでしょう。

カスタマイズ性が有利になる

VPSサーバーと言えば、それなりにサーバーの知識がないと使えないという風に思いがちですがそんなことはありません。簡単インストール機能、拡張機能などもお名前.comのVPSなんかであれば、元々そのような操作もついております。

そりゃ、多少の知識というか勉強は必要になりますが、それは共用・専用・VPS関係なくどれも知識を覚えていくことは必要です。

権限付きで勉強していき、より効率を図れるWEBサービスを提供したいというならば、VPSサーバーにした方が良いということになります。

それぞれに大きな利点があるということになります。もし、勉強していきたいというのならば、さくらVPSなんかが扱いやすく非常に人気の高い老舗サーバーになっています。他社と比較しても、やはり初心者ユーザには喜ばれるサポートなんかも充実しています。

以上、VPSでWEBサービスを運営するにあたってのメリットをご紹介させていただきました。

サブコンテンツ

ページトップ